佐野恵美子の実家のチョコレートショップの場所はどこ?評判は?

この記事は3分で読めます

こんにちは、こうちゃんです!

もうすぐバレンタインデーです。最近はゴディバが義理チョコを辞めよう

なんて広告を打ち出しましたがその影響で貰えなくなるのでは

と少し不安になってたりしてます(笑)

そんなことありませんよね?

義理チョコ文化、これからも続いていきますよね?^^;

なくなったらブラックサンダーが困りますからね!

 

今日はチョコレートの話題も関係しています。

福岡で75年以上続く老舗チョコレートショップ

の3代目である 佐野恵美子さんについて記事にしてみました!

よろしくおねがいします♪

 

スポンサードリンク

 

佐野恵美子プロフィール

名前:佐野恵美子(さの えみこ)

生年月日:1983年

年齢:34歳(2018年2月時)

出身:福岡

職業:ショコラティエール

 

繰り返しになりますが福岡出身の方です!^^

実家が1942年創業のチョコレートショップです

とても歴史のあるお店ですね!

恥ずかしながら私はそんなお店があるなんて知りませんでした。

バレンタインの時期が重なっているので落ち着いたら行きたいですね(笑)

 

チョコレート職人になろうと思ったきっかけ

最初は継ぐ気なんて全然なかったんですけど、営業でいろんなところを回るうちに、地元の多くの方が実家のチョコレートショップを愛用してくださっていることを知って、びっくりしました。ある日、仕事でたまたまお店の近くを通った時に、お客様が見えなくなるまでお辞儀をして見送る父の姿を見て、出来上がったものを提案して売るだけの外商の仕事と比べて、自ら作り出すってとても良いなと思って。それに私が三代目として継いでお店が100年続いたらすごいと思って、父に相談してみたんです。

本格的にチョコレートについて興味を持ったのが大学を卒業後、

営業の仕事をしていて実家を継ぎたいと思ったのでしょうね!その時25歳だったそうです。

職人ということなのでもっと若いうちから始めないと厳しいでしょうし、相当な努力をされたのでしょう!

 

技術とフランス語習得の日々

その後フランスに留学をするのですが言葉がまったくわからず、14歳の子と同じ仕事をさせられ

かなり苦労をされたそうです。それが悔しくてチョコレートと語学の猛勉強の日々

相当な努力家ですね・・・。

インタビューでは

職場の人と仕事帰りに遊んだり、カフェに外国人が集まってフランス語を話す会に出かけたり、大好きなジブリの映画をフランス語で観たりして、一生懸命フランス語を勉強しました。

語学の勉強には映画を字幕なしで観るのが効果的と聞いたことがあります。

実践して習得していますね^^

たしかに慣れ親しんだジブリだとセリフもなんとなくわかりそうです、

ジブリの英語バージョンがあれば字幕なしで観てみたくなってきましたね!

 

スポンサードリンク

 

実家のチョコレートショップはどこ?

佐野恵美子さんは現在フランス在住でご自身のチョコレートショップを持っているそうです。

冒頭に3代目と書きましたが、3代目に内定しているという現状で。

現在はまだお父様が2代目として頑張っているそうです^^

では実家のチョコレートショップはどこにあるのでしょう?

 

地下鉄呉服町駅から降りてすぐの場所ですね!^^

向かいのギフトサロンも同じチョコレートショップのお店です!

名前の通り贈り物にピッタリな品を揃えているそうです。

 

福岡県福岡市博多区綱場町3-17
営業時間:10時~19時
店休日:不定休

 

外観はこちら

75年の歴史がありますがとても綺麗な外観ですね!

食べログにも情報がありました!

 

実家である本店はもちろんですがこちらも注目です♪

佐野恵美子さんのLES TROIS CHOCOLATSとお父様のチョコレートショップがコラボしたショップが

ソラリアプラザ1Fにあるそうです。

こちらも興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?^^

 

 

評判は?

バレンタインの時期なのでTwitterで検索すると沢山でてきました。

その一部ですが掲載させてもらいます^^

かなり評判が良いみたいですね!

うーん、食べてみたい!

 

 

最後に

私は主に仕事の合間にコンビニのチョコレートを食べているのですが

「チョコレートショップ」のものを食べたくなりましたね!

ならないわけがありません!(笑)

このお店のチョコレートを貰える望みは薄いので

バレンタインデーが終わってしばらくしてから自分で買いにいってみようかと思います^^;

 

見逃し配信はFODがオススメ!
【フジテレビオンデマンド】

閲覧ありがとうございました!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。