スターウォーズEP8最後のジェダイの感想と次回作EP9予想

この記事は4分で読めます

こんにちは!こうちゃんです^^

 

ついにスターウォーズエピソード8最後のジェダイが公開されましたね!

ファンはもちろん映画界はお祭り騒ぎですね♪

 

私は最速公開が12月14日木曜の18:30なのを知ってその時間からネット断ちをしてネタバレ対策をしていました(笑)

対策記事も書いているのでぜひ読んでみて下さい^^

 

スターウォーズEP8最後のジェダイのネタバレ対策をしておこう!

 

ネタバレ対策記事を紹介しておいてですが・・・

今回の記事は感想と次回作の展開予想。そう、  ネタバレとなりますので内容を知りたくない人はこの先は閲覧を控えて頂きたくと思います。

 

スポンサードリンク

 

気になった所と感想!

感想というか、ここが惜しい!と思った所を思い出しながら書いていきます。

結構辛口かもしれません(笑)

 

 

 

EP7の直後にせず半年〜1年くらいは間はあけてもよかったのでは?

まず今回のEP8は前作のエピソード7フォースの覚醒の直後です。

今までのスターウォーズですと新作は前作よりある程度月日が経過していて冒頭の文章、オープニングクロールで前作から何があったのか等の説明があるのですがファーストオーダーがスターキラー基地を破壊されたことによる報復からレジスタンスが基地から逃げ出す。

まさに前作の直後から物語がスタートします。

 

レイのパートも前作の直後、ルークを見つけてライトセーバーを渡そうとする所からスタートします。

私個人の望んでいた展開はEP7のすぐ直後の話ではなくやはり少し月日が進んでレジスタンスは味方の数、同志を増やしファーストオーダーとの戦争を続け、レイの方はルークからジェダイの修行を受ける日々からスタートしてほしかったですね。

 

 

ルークが島に隠れている理由がよくわからない

前作ではルークはハンソロとレイア姫の息子であり甥のベンソロ(カイロレン)と数名を連れてジェダイを継がせようと修行をさせていましたがルークはベンの暗黒面の力が強い事に気づき、寝ている間に暗殺しようとします。ですがルークがライトセーバーで殺害しようとするもベンは目覚め暗殺されずに済みます。ベンはルークに裏切られたと思い(当然ですね)反逆し、共に修行していたジェダイを殺害しスノークの元へ。ルークはその責任を感じ島に隠れ住んでいます。

 

その理由は・・・

ルーク「フォースはジェダイだけのものじゃない、ジェダイを育てなくても新しいジェダイが生まれる」

ベンソロの育成に失敗してショックで島に隠れ住んでいる言い訳な気がしました。

最初はレイからの修行の申し出を断りますが結局は鍛えますし矛盾だらけでしたね。結局島から1歩も出ることなく逝きますし^^;

そしてなによりルークがベンを暗殺しようとしたのがファンも勿論ですがルーク役のマークハミルも批判していたようです。

ジェダイは無防備な相手に攻撃をしないという掟があるはずですしルークスカイウォーカーがそんな行動を取るとはとても思いません。

 

脚本を読んだマークハミルに「このルークには1から10まで納得できないけどベストを尽くすよ」と言われるまでです。

 

もちろんよかった所もあります、ルークがレイを鍛えるときに手先に草を当ててフォースを感じるか?などとユーモアなところ、そしてR2D2との再会シーンがとても印象的でしたね。完全にEP4〜6のルークの目をしていて感動しました。ファンなら共通している感想ですね、それだけスターウォーズファンはマークハミルが演じるルークスカイウォーカーが好きなんです(笑)

 

スポンサードリンク

 

フィンのパートは必要だった?

今回は主にレイ、ポー、フィンの3つのパートが切り替わりながら物語が進行していきますが

フィンのパートは逃走するレジスタンスを追いかけてくるファーストオーダーから逃げ切る為にハイパードライブの信号を読取る装置を潜入し破壊する事になります。その為にはセキュリティを突破するためにコードを破れる人物を探しにいきます。

 

カジノの星でコード破りの達人を見つけますが囚われてしまいます。その牢屋で別人ですがコード破りの達人を見つけ、目的の人物じゃないけどもうこいつでいいやと妥協します(笑)

カジノをめちゃくちゃにし追跡されるもなんとか別人ではありますがコード破りの達人を連れてカジノの星から出てファーストオーダーの戦艦に向かいますが捕まってしまい全て台無し。結局装置を破壊する事はできませんでした。

 

前作では主役級の活躍したフィンですが今回はただのサブキャラでした・・・(笑)

 

キャプテンファズマとの対決のシーンを入れるためにファーストオーダーの戦艦に向かわせる必要があったのかもしれませんがEP9に取っておいても良かったのかもしれません。

新キャラクターのローズも何のために出てきたのか謎のままでしたね。なぜかフィンとのロマンスにも発展しましたし^^;

公開前まではフィンもジェダイになるのか?と考察されていましたが残念ながらその気配は全くなさそうです。

 

 

スノークの正体が明かされないまま

レイはカイロレンをライトサイドへと連れ戻せると信じてミレニアムファルコンのポッドを使い、カイロレンの居るファーストオーダーの本拠地である戦艦に行きますが到着した瞬間にカイロレンが待ち構えていて拘束され、スノークの元へと連れて行かれます。

レイはスノークを倒そうとしますがダークサイドのフォースの力にはまったく及ばず返り討ちに。

スノークはカイロレンにレイを殺すように言いますがカイロレンはフォースを使いスノークの側にあったレイのライトセーバーの刃を出しスノークを殺してしまいます。

 

もうスノークここで死んじゃうの!?って思いました・・・彼の正体まったくわかんないままだしそもそもどういうキャラなのかまったく掘り下げてないよ!?そもそもなんでカイロレンがスノーク殺すの?と思いました(笑)

 

この後のレイとカイロレンが共闘してスノークの近衛兵と戦うシーンは素晴らしかったです。EP1〜3のジェダイ全盛期のような動きではなく。それとEP4〜6のようなチャンバラな感じでもなく良かったですね♪

 

 

 

特に気になった所はこんな感じです♪

 

 

こんな展開を期待していた

 

レイはルークに修行をつけてもらっている最中

 

ルークは何かしら理由がありタイミングを見て隠れていた。オビワンケノービがかつてルークを見守っていたのと同じ様な理由

 

新キャラのローズを追加せずにレイ、フィン、ポーの話を中心にしてほしかった

 

フィンのフォースも覚醒

 

ルークのXウイングを海から引き上げる展開

 

ルークはまだ生きててほしかった

 

などなど

 

 

エピソード9の予想!(希望)

 

実はスノークは生きている

 

ルークのとベイダー(EP1〜3のアナキン)が霊体でカイロレンに接触

 

ローズはフェードアウト(酷)

 

フィンがEP7みたいに大活躍(私はフィンがお気に入り)

 

DJが裏切ったフリをしただけで仲間になる(EP5〜6のランドみたいに)

 

 

最後に

辛口な事ばかり書いてしまいましたが・・・

なんだかんだ言ってスターウォーズの新作はとても楽しかったですね^^

必ずもう1度観に行くと思います。ルークの吹替がEP4〜6と同じ声優を使ってて好評らしいので次はそちらでも観てみようかと思っています♪

 

閲覧ありがとうございました!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。