iPhoneの動作が重くなる理由に実はバッテリーが関係しているかも?

こんにちは、こうちゃんです^^

 

スマホをiPhoneを利用している人は多いと思います。

iPhoneを長く使っていると(2年くらい?)使っていると動作が重くなることがありませんか?

重くなる理由にアプリの使用やメモリが足りなくなったなど様々ですが・・・

 

海外のiPhoneユーザーからある報告があって話題となっています

 

スポンサードリンク

 

重くなる原因の多くは

 

冒頭にも書きましたがiPhoneの動作が重くなる原因はアプリの立ち上げすぎによるメモリ不足が一番多いと思います。

その時はバックグラウンドで動いているアプリを終了させるかキャッシュクリアを行えば改善する事もあります。

ですがiOSアップデートを繰り返して重くなることもありますよね。iPhoneの性能が最新のiOSについていけてないのかな?と思うかもしれません。

 

 

バッテリーの劣化も影響している?

 

海外のiPhone6Plusユーザーがバッテリーを交換する前にCPUベンチマークをとっていたようです。

バッテリーの交換後に再度ベンチマークをとってみたら処理性能が大幅に上がったという報告をしています。

これが海外の掲示板で騒ぎとなりMac等のベンチマークを掲載しているサイト運営者が調査し、Appleがバッテリーが劣化したiPhoneは意図的に動作を重くしているを突き止めました。

 

それをAppleに問い合わせたところ「iPhone 6 /6s(いずれもPlus含む)およびSEについて、意図しないシャットダウンに対する修正を加えた」と返答したそうです。

 

バッテリー性能が劣化するとまだ残量の%表示はあるのに突然シャットダウンしたことありませんか?

Appleはこういった現象を出来る限り減らそうとしようとした結果、バッテリーが劣化しているiPhoneにはCPU性能を落とすという事をしていたそうです。

考えてみればバッテリーが劣化しているのに最新のiOSのパフォーマンスを求めると一気にバッテリーを消費してしまうかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

iPhoneのパフォーマンス低下にこういった理由があるのはAppleの優しさなのか、

それとも新しいiPhone買えと言うことなのか(笑)

どちらなのかはわかりませんがこういった症状でお悩みの人で買い換える気持ちがまだないというならバッテリー交換をしてみるのも手かもしれませんね♪

 

 

最後に

 

iPhoneの動作が重くなってきたなと思う人はまずはバッテリーの劣化を疑ってみるのをいいかもしれませんね。

最近のiPhone性能は横並びは言い過ぎかもしれませんがそこまで大きな差はないと感じています。

差を感じる時は大容量のゲームをする時くらいですかね(笑)

 

参考記事↓

 

 

閲覧ありがとうございました!

スポンサードリンク