iPhoneのバッテリー交換すると動作速度が戻るのか試してみた!

こうちゃんです、こんにちは♪

案外と大きなニュースになりましたね!iPhoneのバッテリー劣化による性能低下をAppleが正式に発表しました。

「iPhone 6 /6s(いずれもPlus含む)およびSEについて、意図しないシャットダウンに対する修正を加えた」

 

iPhoneのiOSをアップデートをすると性能が上がりますよね、ですが前世代のiPhoneに最新のiOSにアップデートすると性能がついていけない場合(重くなる)もあります。その時はバッテリーの消費が多くなるり突然のシャットダウンを防ぐ為とAppleは説明しています。

 

↓こちらもどうぞ

iPhoneの動作が重くなる理由は実はバッテリーが関係しているかも?

 

これに対して海外のユーザーが最新のiPhoneに無理矢理買い換えを不正に促している改悪だと訴えを起こしました。

その後Appleは意図的にiPhoneの動作を遅くしているという事実を認め謝罪。

同時にiPhone6以降の機種を対象にバッテリー交換が必要なものについては現在79ドル(約8900円)、来年2018年1月下旬から12月まで29ドル(約3300円)に値下げと、ソフトウェアアップデートの提供も発表しました。

 

 

と、ここまでがiPhoneユーザーのみなさんならご存知かと思います。

では実際どれだけのパフォーマンスが落ちるのか!?

今回私が持っている機種で実践してみました!

 

スポンサードリンク

 

バッテリー交換の前に

私が持っている古いiPhoneがバッテリーの劣化していて交換したいなと思っていました。

ナイスタイミング?(笑)でこの話題が飛び込んで来たので実際にやってみました!

 

 

 

今回の対象機種ではありませんがiPhone5sでやってみました。

バッテリーはamazonで2000円で工具付きで購入しました、ここまで揃って安いですね!

 

 

交換する前にiOS情報とベンチーマークの確認をしておきましょう。

 

 

バッテリー交換ブログはたくさんあるので私の記事より他で見てもらった方が参考になると思いますが尺の関係で載せておきます(笑)

作業に取り掛かります。工具、道具は全てバッテリー購入した時に付属されてきたもののみを使用しています。

まずはLightningケーブル差込口のそばにあるネジを緩めます。

 

 

SIMスロットも抜いておきましょう。ネジを外したら吸盤をホームボタン付近にに貼ってディスプレイと筐体を離します。

 

 

そこそこ頑丈なので力任せに離さないように注意です、勢いよく引っ張ってしまうとホームボタンのケーブルが切れてしまうので慎重にいきましょう。

 

 

iPhoneの中身とご対面、隙間なく部品が収まっていますね。

スティーブジョブズがiPodの試作品を水に沈めて「本体に水が入って泡が出ている!まだ隙間を埋めて小型化できるはずだ!」と言っていたのをドキュメンタリー番組で観たのを思い出しました(笑)

スポンサードリンク

 

 

コネクターのカバーとしての役割をしている金属パーツのネジを緩めて外します、そうすることでディスプレイが完全に分離出来ました。

 

 

バッテリーと本体は両面テープのようなもので接着されています。それを引っ張って剥がすことでバッテリーの分離が出来るのですが私はその両面テープを途中で千切ってしまったので付属のヘラでコネコネしてバッテリーを剥がしています^^;

バッテリーが外す時に曲がって変形しますがもう捨てちゃうものなので気にせずいきましょう♪

 

 

やっとのことでバッテリーを外すことが出来ました!新しいバッテリーと交換しましょう!

 

 

交換したら後は分解と逆の工程で元に戻すだけなのですが大苦戦したのはここです、ディスプレイのコネクターを本体に取り付ける作業がなかなか上手くいがずに時間かかりました。

 

 

コネクターの差し込みが3つありますね。当然3つしっかりと差し込んだあとに金属のカバーをしなければなりません。

ディスプレイを被せながらの作業になるので視界も確保できづらいのが苦戦した原因ですね。

 

 

無事作業完了

所要時間は40分程でした。

ではさっそくベンチマークを測ってみたいと思います♪

 

 

結果は、、、、

 

全く変わりませんでした!!

 

今回話題になっているのはiPhone6以降ということですが

もしかしたら5sも、と思って交換作業をしてみましたがまさかのまったく変化なし(笑)

まぁ、バッテリーの性能が回復しただけで良しとしましょう!

まだまだ5sには使い道があるので♪

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

結果、Appleの発表通りバッテリーの劣化での本体パフォーマンスの低下はiPhone6以降であったのは間違いないみたいですね。

私のように6以前の機種ではどうなのか?という疑問を持っている人の参考になれば嬉しいです!

 

バッテリー交換の作業の難易度は高くないので是非挑戦してみてください。

そこまで手先の器用でない私でも出来ましたから^^

 

今回のこの騒ぎでAppleは交換料金の値下げを米国で発表しましたが日本国内ではまだ未発表です。

ですが近いうちに対応もされると思いますのでそろそろバッテリーの減りが早いなと感じている人はお得に正式サポートでの交換もオススメです!

 

 

閲覧ありがとうございました!

スポンサードリンク