テニス初心者がまず覚えるべきフォアハンドストロークの基本!

こうちゃんです!こんにちは^^

 

テニスを始めてみたけどなかなか上手になれないという人。

まだまだ慣れないだけかもしれませんが時には

教えてくれる人がいない、

教えてくれる人の言ってる事がよく理解できない(これ結構多い)

などの理由で上達出来るのか不安に思っている人もいるのではないでしょうか?

そういった人の為に私がサークルに入ってきた初心者に教えている方法を記事にしてみました!

今回はまずテニスといえばまずはこれ、

フォアハンドストローク!

よろしくおねがいします♪

 

スポンサードリンク

 

握り方は?

まずはラケットの握る場所を確認しておきましょう。

ラケットを地面に置いた状態から持ち上げてみててください。

そうしたら自然とウエスタングリップの握りになると思います。

画像の1の場所が地面に置いた状態で上向きで持ち上げたら

この様に人差し指と親指のVになる部分が

気持ち8寄りの1の場所に来ると思います^^

大半の人はこの場所が一番しっくりくるのでは無いでしょうか!

個人差で好みがあるので実際にボールを打ってみて、微調整して自分のベストな場所を探して見て下さい。

 

 

ボールを打ってみよう!

ラケットの握る場所が分かったら早速ボールを打って見ましょう。

・コーチが出してくれる球

・一緒に始めた人とのキャッチボール感覚での打ち合い

・1度地面にボールを落とし、バウンドさせてから壁やネット越しのコートへ

好みの方法でやってみましょう。

いきなりフルスイングするのではなくまずは自分のイメージした軌道、場所に

運ぶように打ってみましょう!

 

スポンサードリンク

 

目を離さない!

初心者に限らずテニスをプレーしている人がなかなか実践できていない事があります。

それは、

ボールをしっかりと見ていない事です。

ボールがラケットにヒットする時には既に相手コートを見ている人が多いです(私もですが)

そうなってしまうとラケットの真ん中に当てる事が難しくなりコントロールがつきません。

なので初心者のうちからこれを意識するだけでミスのしないテニスを身につける事ができると思います!

ボールを良く見ている選手といえばロジャーフェデラーです。

プロでも時々最後まで見れていない選手もいますが

彼は常に実践出来ています^^

 

 

まとめ

以上がテニスを始めたばかりの人の為の

フォアハンド講座でした!参考になれば嬉しいです^^

 

・まずはボールを運ぶように打とう

・握り場所を微調整してしっくり所を探そう

・ボールがラケットにヒットする瞬間までボールを見よう

 

*現代のテニスのストロークはボールをぶっ叩くようなフルスイングです。

ボールを運ぶように打つと言うのは昔のテニス、ウッドラケット時代の基本でした。

スクールではコーチに「しっかりラケットを振り抜いて!」と教わるかもしれませんが

まず初期段階ではボールをしっかりラケットで捉える、運ぶ感覚を覚えることが大切だと私は思います。

 

ラケットに当てる事、運ぶ感覚が分かってコントロール出来るようになったら徐々にラケットを振るようにして最終的にフルスイング(振り抜く)する事を覚えていけばいいと思います!

基本に忠実にするのが上達への近道ですがまずは楽しむ事が一番大切です。

是非実践してみてください♪

 

閲覧ありがとうございました^^

スポンサードリンク