ドーナツを電車のつり革にしたら可愛いと話題!画像でチェック!

この記事は2分で読めます

こんにちは、こうちゃんです!

 

みなさんは仕事中などにお腹が空いたらどうしていますか?

我慢する?お菓子を食べる?

私は・・・食べますね(笑)

いつもは手軽に食べることができるチョコレートが多いのですが

最近はドーナツにハマっています。

ですが間食が習慣になるとちょっと危ないですね、気をつけます(笑)

 

そんなドーナツなんですがある美大生が卒業制作に作ったものが

話題となっていますので記事にしてみました!

よろしくおねがいします♪

 

スポンサードリンク

 

吊革がドーナツに!

これは画期的というか今までにありそうでなかったというか、

誰もやろうとしなかった!と言ったところですね!

実際に目にしてみると、なるほど!考えたな!と思います^^

 

このドーナツの吊革を作ったのは京都造形芸術大学の稲田光佑さという方。

このドーナツの完成度はさすが美大生といったところでしょうか^^

名付けて、 ドーナツリカワだそうです!

 

この企画の凄いところは実際にミスタードーナツに許可を取っているところ。

しかもこのドーナツにはチップが組み込まれていてスマホをかざすとクーポンが受け取れるという仕組みに!

凄い!素晴らしいですね!この広告を見てドーナツ食べたくなってもコンビニのドーナツを買われたら

意味がありませんからね(笑)

 

稲田光佑さんはドーナツリカワの制作での苦労をこう答えています。

 紙粘土でドーナツのつり革を作って気づいたことは、サイズ感の違いでした。

「つり革の規格は決まっており、穴の大きさは一定です。しかし、これにドーナツの穴の部分を合わせると、全体が大きくなりすぎて、本物らしさが損なわれてしまうんです」

ドーナツのリアルさにこだわった稲田さんは、「指3本が入る大きさ」を目安に何度も試作。特に苦労したのがフレンチクルーラーでした。

「本物のフレンチクルーラーの穴はかなり小さいんですが、代表的な商品なので外せない。パッと見てそれだとわかるけど、つり革としても使えるサイズ探しに苦労しました」

私だったらフレンチクルーラーは諦めて他のドーナツを作りますが・・・

みんなに見てもらうという作品ならそういう訳には行きませんよね!

それにフレンチクルーラーは大人気のドーナツですから見た人から

「あれ?フレンチクルーラーがないよね?」と言われたら・・・(笑)

稲田光佑さんの情熱に脱帽です^^

 

 

ミスドが正式に展開する?

企画・製作者の稲田光佑さんはSNSの反応を見てミスタードーナツに提案していきたいとのこと。

作者さんのミスド愛があったからこそのこの企画!

是非ミスタードーナツさんは正式展開してほしい!

 

スポンサードリンク

 

みんなの反応は?

SNSの反応と書きましたが、では実際の反応を見てみましょう♪

Twitterで「ドーナツリカワ」と検索すると・・・

 

もう大大大好評ですね!

これは期待大ですよー!

 

 

最後に

コンビニがドーナツを販売開始してからミスドの売上が落ち込んだみたいですが、

やっぱり美味しさでは本家には敵いませんよね。ただ手軽さなだけで買われています、

実際にコンビニのドーナツは美味しくないですよね・・・。

この広告が採用されたら駅近くのミスドは一体どれだけ賑わうのか。

楽しみですね!

 

閲覧ありがとうございました!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。