池島(長崎)の行き方やツアー予約方法!食事や宿泊は出来る?

この記事は2分で読めます

こんにちは、こうちゃんです!

 

今朝めざましテレビを見ていたら

池島という第二の軍艦島と呼ばれる場所がお出掛けにスポットに人気だとか!

早速行き方やツアー料金などを調査してみました!

 

スポンサードリンク

 

池島(第二の軍艦島)はどこにある?

長崎県西彼杵半島の西方約7kmに位置する、いわゆる西彼諸島に属する島。長崎県長崎市に属する。

(Wikipediaより)

大きさは本家の軍艦島の倍以上ですね〜。



軍艦島同様廃墟となっている施設が多いのですが

違いはその廃墟に草木が生い茂っていて

まさに異世界感を味わえるところでしょうか!

そして何より危険な場所以外は自由に歩いて回れるので

好きな角度で写真を撮れるといった魅力がありますね♪

 

池島への行き方は?

池島は離島なので船でいくし方法がありませんね。

いくつかの港から定期船が出ているみたいですよ。

 

佐世保港:高速船で1時間、料金1860円

大瀬戸港:フェリーで30分、料金430円

高速船で15分、料金580円

神浦港:フェリーで30分、料金400円

高速船で10分、料金550円

進栄丸(地域交通船)で15分、料金350円

 

 

ツアーはあるの?

池島の良いところは島を自由に歩き回れるところにあるそうです^^

ですが歩いて行くには危ない場所もあるそうなので

そういった場所にはトロッコによるツアーもあるそうですよ。

 

・坑内体験
大人 2,680円、小中学生 1,340円

 

予約が必須とのことなので池島に行くのならセットで行きたいツアーですね!

服と靴は多少汚れても良い格好で行くことが推奨されているそうです。

 

池島炭鉱体験ツアー

https://www.nagasaki-tabinet.com/tour/62798/

こちらのページから予約できます♪

 

 

宿泊はできる?

池島散策をもう1日したい!という人も中にはいると思うので

宿泊施設についても調査しました。

 

1箇所だけあるようですね!

池島中央会館という施設で泊まることができるようですね♪

 

注意点としては

素泊まりのみで食事は自前で用意する必要があるそうです

お風呂は会館にもあるようですが銭湯に行くことを勧めていますね!

ホテル・旅館というより「寝泊まりできる場所」として割り切った方がいいですね。

携帯の電波も入りにくいとも記載されています。

 

宿泊料金

大人  3384円
中学生 2746円
小学生 2118円
フェイスタオル、バスタオル、歯ブラシ、ドライヤーが用意されており、
お風呂には石鹼、シャンプー、リンスが完備されています。

 

池島中央会館

http://blog.ikeshima.info/post/13808359432/hotel

 

 

食事はできる?

宿泊できる池島中央会館の近くに「かあちゃんの店」という食堂があるそうです!

味の評判も良いみたいですね。他にお弁当屋さんや、

港のショッピングセンターにパンや惣菜なども売っているそうです^^

 

池島のお店情報

http://blog.ikeshima.info/tagged/お店紹介

 

スポンサードリンク

 

最後に

池島でかつて使われていた炭鉱施設などは老朽化が激しく

将来的に立ち入りが制限されるかもしれないということなので

行ってみたい!と思っている人は今のうちに行っておきたい場所ですね!

私の住んでる福岡からだと近いので土日だけの利用でも行けそう

なので是非行ってみたいですね〜!

 

閲覧ありがとうございました!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。