ドラマこの世界の片隅に第7話で晴美は不発弾でどうなる?原作では?

こんにちは、こうちゃんです!

 

ドラマのこの世界の片隅に。毎週楽しみにしています!

すずさん役の松本穂香さんがこの作品から売れそうな予感ですね!

始めは戦争中でも幸せな日常が描かれていましたが回を追うごとに

だんだんそれも崩れていきますね。毎回そわそわさせられます。

 

スポンサードリンク

 

第6話のあらすじ

8月19日の第6話の終わりではすずと晴美は水を貰いにいきますが

その最後、崩れた家に不発弾を見つけてしまいます。

すぐにすずは晴美の手を引き走り出しますが不発弾が爆発して・・・。

 

ここまでが第6話で描かれていました。

最後の描写では晴美は光に包まれてしまいすずの右手まで迫ってきます。

 

 

晴美とすずの安否は?

ここからネタバレです・・・

 

 

晴美は不発弾で命を落としてしまいます。

そしてすずは繋いでいた右手を失ってしまいます。

原作ではこのような残念な結果ですが、

ドラマでは同じような展開にするのか気になりますね。

もしかしたら晴美は一命を取り留めるのかもしれません(←個人的希望)

 

 

 

第7話から悲しい展開が続きそうですね・・・。

少し観るのは辛いですが被爆国の日本に生まれ、戦争を風化させない為にもしっかりと観たいと思います。

 

 

最後に

広島では視聴率が20パーセント越えという驚異的数字を叩き出しているようです。

それだけ完成度が高くて見どころも一杯ありますよね。

今度、完全版の「もっとこの世界の片隅に」が公開されるのでそちらも楽しみですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク