首都高速の中央分離帯に衝突して事故炎上した青いクルマの車種は?

こんにちは、こうちゃんです!

 

8月21日の午後首都高速の上野線、上野出口付近で車の事故があり炎上。

一時下りの一部区間が通行止めとなる事態になってしまいました。

車を運転していた男性は胸を打って軽い怪我ですんだようですが。

事故の原因は自信の危険運転には変わりはありませんね・・・。

 

スポンサードリンク

 

事故動画をチェック!

 

こちらですね、分岐点付近で車線が減少しているのにもかかわらず、

無理な追い越し、分岐に入ろうとしますが間に合わず

そのまま中央分離帯に衝突。

すぐに周囲の車も停車し、運転手を助けてあげています。

その後、車から煙が上がりそのまま炎上・・・。

 

あまりにも危険ですね。他の車が停車するという事態になっています。

高速道路なのでこの場合停車している車に後続車が止まれずに突っ込んでしまうという

二次災害も起こり得るんですよね。

 

アルバカさん
無理な追い越しは煽り運転と変わらないよ!

 

 

事故を起こした車種はなに?

今回中央分離帯に突っ込んだ車。

青いスポーツカー?が特徴的でしたね。

なんという車なのか調べてみました!

 

 

 

これですね!

スバル・インプレッサのWRXのSTIという特別仕様みたいです。

このスバルの特別仕様の青がイメージカラーのようですね。

事故を起こしたのはテールランプをスモーク仕様にしたり更に手を加えているみたいですね。

 

スポンサードリンク

 

最後に

カッコいい車が台無しですね・・・。

ネットなどの声では「スバル車に乗っている人は運転マナーが悪い

という認識のようで厳しいコメントが集まっていますね。

 

私も車を使って通勤しますが毎朝見かけるスバル車はたしかにあまりマナーが良くないかも・・・(^_^;)

カッコいい車・高級車に乗っている人ほど紳士的な運転をしてほしいですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です