亜利弥(プロレスラー)は乳がんのステージは?いつから闘病していた?

こんにちは、こうちゃんです。

 

朝の起きてLINEニュースをみていたらまた癌です・・・。

元女子プロレスラーの亜利弥さんが27日にお亡くなりになっていたことがわかりました。

 

プロレスラーで乳がんと言えば北斗晶さんを思い起こします。

職業にかかわらず本当に女性に多い癌ですね。

 

乳ガンと戦った女子プロレスラー亜利弥

長い闘病生活の末、痛みに負けることなく戦い続け、今朝、8月27日、5時25分に永眠致しました。

今まで、たくさんの励ましや、ご支持を賜りありがとうございました。

葬儀に関しましては、亜利弥の希望により家族葬となりますのでご了承下さい。

亜利弥さんの逝去に伴い、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

プロレスリングZERO1 田中将斗、選手スタッフ一同

ZERO1ホームページより

 

スポンサードリンク

 

いつから発覚・闘病していた?

 

2015年の12月に乳がんで闘病中であることを発表しました。

この時期には既にかなり進行していたようです(後述)

当時の年齢40代の前半。若いので進行も早そうですね。

 

乳がんの治療・手術といえば乳房の摘出だったりするので

女性としてはなかなか簡単には決心できませんよね。

 

考えている間に進行なんてのも・・・。

 

 

ステージ進行は?

2016年1月のデビュー20周年の会見では

ステージ4にまで達し、余命宣告を受けている

ことを発表していたようです。

 

スポンサードリンク

 

最後に

先日ではちびまる子ちゃんの作者、さくらももこさんも

乳がんで亡くなりました。乳がんといえば小林麻央さんもですね。

 


今一度女性の乳がんへの啓発運動を広めてほしいですね。

しっかりと検診を受けてくださいねm(_ _)m

 

亜利弥さん、お疲れ様でした。ご冥福をお祈りします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサードリンク