女子駅伝(プリンセス駅伝)で逆走・脱水症状が発生!動画をチェック!

こんにちは!

10月21日に開催した全日本実業団対抗女子駅伝競走大会。
女子駅伝、プリセンス駅伝とも言われていますね。

その女子駅伝で選手の間で相次いでトラブルが発生し話題となっていますね。

その様子の動画がどれも衝撃的だったので今回紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

這ってでもタスキをつなぐ

2区の岩谷産業の飯田怜選手が故障が発生し途中走れなくなり、

ハイハイ状態で次の区の選手へ。

なんとか次の選手へつなぐ事が出来ましたが
両足が血まみれになってましたね・・・。

自分の意思とはいえここまでやるのはちょっと観てて痛々しいというか。

もうやめて!という気持ちになってしまいます。

あとから判明したことですが飯田怜選手、
足を骨折してしまったみたいですね。

この状態、走れないわけですから強制的に
失格・棄権とならないのかルールが曖昧ですよね。

この件については色々と議論されていますね。

監督はすぐに棄権・進むのを
辞めさせるように大会運営に申し出たそうです。
ですが本人の意思と回りからの声援もあり止めることが出来なかったとの事。

無理にでも辞めさせるのか、
本人の意思を尊重するのか、難しいところですね。

 

 

脱水症状になってしまう

三井住友海上の3区の岡本晴美選手。

先頭で快調に走っています。

ですが残り1km程で異変が。

意識が朦朧とし、突然逆走を始めてしまいます。

腕の振りや足の動きが快調に走っていたときとは比べ物にならないくらいおかしいですよね。
脱水症状でしょうか、今にも倒れてしまいそうです。

これって途中で止めに入ったりしたりできないのでしょうか?

あまりに危険な状態ですよね。
脱水症状で障害が残った人もいるくらいですからこの状態になったら強制的に止めて欲しいですね。

見るに耐えません・・・。

 

 

監督や運営に批判の嵐

このようなアクシデントが続出していて、
走ったり這ってでもタスキをつなぎたいという本人の意思ではありますが、
あまりにも危険な状態ですよね。

先述しましたが脱水症状や熱中症になると
最悪の場合障害が残ってしまったりしかねません。

監督は見ていたならすぐにやめさせるべきですね・・・。

 

スポンサードリンク

 

最後に

箱根駅伝などマラソンの大会にはなにかしらトラブルが発生しますよね。

今回の件では監督などに批判が集中しているそうそうです・・・。

まぁ見てたらこれは批判されるかな〜といったところですね。

スポンサードリンク