クラブW杯2018の賞金はいくら?放送日程・出場クラブ情報もチェック

サッカーのクラブワールドカップ!

例年、日本で開催されていましたがここ最近は

アジア、特に中東での開催も目立ちますね。

今年2018年大会も
中東のUAE(アラブ首長国連邦)で開催されます。

中東といえば・・・石油!

オイルマネーでサッカーのヨーロッパクラブの
オーナーが最近目立ちますよね。

そんな中東で開催されるということは
賞金も凄いことになっているのではないか
と思い今回調査してみました♪

試合の放送日程、出場クラブ情報もまとめてどうぞ♪

 

スポンサードリンク

 

クラブワールドカップ2018の賞金はいくら?

ではさっそくですが賞金をチェックしてみましょう!

ワールドカップというくらいですからきっと
すごい額の賞金がでるんじゃないかと思います。

その結果は、

・優勝:500万ドル

・準優勝:400万ドル

・3位:250万ドル

・4位:200万ドル

・5位:150万ドル

・6位:100万ドル

・7位:50万ドル

 

ちょっとわかりにくいので
2018年11月30日現在の為替レートで
日本円に換算すると・・・

・優勝:5億6500万円

・準優勝:4億5200万円

・3位:2億2500万円

・4位:2億2600万円

・5位:1億7000万円

・6位:1億1300万円

・7位:5650万円

 

ん?ワールドカップと言われているわりには
なんだか少ない気がしますね^^;

まぁ毎年開催されている大会なのでこんなものかもしれませんね。
お祭りみたいなものですからね笑

ヨーロッパの名門クラブ、
今年やってくるレアルマドリードからしたら
わずかなお金でしょうね。

選手1人移籍するのに何十億というお金が動いている世界です。

 

 

本家ワールドカップの賞金は?

ちなみに今年開催されたロシアワールドカップ。

本家ですね。こちらの賞金はというと

・優勝:3800万ドル(約43億円)

・準優勝:2800万ドル(約32億円)

・3位:2400万ドル(約27億円)

ケタが違いますね^^;

ちなみにベスト16だった日本は13億円の賞金がでたそうですよ♪

クラブワールドカップの倍以上の金額ですね笑

ちなみにグループステージ敗退でも11億円
賞金支払われるそうです。

出場さえすれば賞金が出来るんですね!

 

 

放送日程は?

それでは2018年のクラブワールドカップの
試合日・放送日をチェックしておきましょう♪

①12月13日(木) 24:30
アル・アイン(UAE)
VS
チームウェリントン(ニュージランド)

②12月15日(土) 22:00
鹿島アントラーズ(日本)
VS
グアダラハラ(メキシコ)

③12月16日(日) 25:30
エスペランス・チュニス(チュニジア)
VS
①の勝者

④12月18日(火) 22:30
②の敗者
VS
③の敗者

準決勝
12月18日(火) 25:30
南米王者
VS
③の勝者

12月19日(木) 25:30
②の勝者
VS
レアルマドリード

3位決定戦
12月22日(土) 22:30
対戦カード未定

決勝
12月22日(土) 25:30
対戦カード未定

決勝はおそらく例年通りヨーロッパ王者の
レアルマドリードはほぼ間違いないでしょうね!

対戦クラブが南米王者なのか、鹿島が決勝まで
進出してくれるのかが注目ポイントです!

 

 

出場クラブ情報

では2018年のクラブワールドカップに出場する
全7つのクラブチームを紹介していきたいと思います。

 

欧州王者:レアルマドリード

サッカーにあまり詳しくなくても
名前は聞いた事があるのではないでしょうか?

スペインの超名門チームですね!

中心選手だったクリスティアーノロナウド
移籍してしまいましたが、
スター軍団はまだ健在です。

ですが観戦する人にはロナウド不在がちょっと寂しいところ。

 

南米王者:未定

ボカ・ジュニアーズとリバープレートが
出場をかけて決勝で対戦中です。

どちらも超名門クラブですね。

優勝候補の1つです。

 

アジア王者:鹿島アントラーズ

2年ぶりの出場ですね!

2016年の開催では決勝でレアルマドリードを
相手に柴崎岳選手が2ゴールをあげて
注目されましたね。

今回も海外に名前が売れる選手が出てくるのか楽しみ!

 

アフリカ王者:エスペランス

アフリカ王者といえば出場常連のアル・アハリ
というクラブチームでしたが
今回はそのアル・アハリを決勝で下し、
見事出場を獲得。

アフリカの出場クラブといえば
アル・アハリでまた?と
毎回思っていましたが今回は
違うクラブですね!

 

北中米カリブ王者:グアダラハラ

鹿島アントラーズと初戦で戦うのが
このクラブですね。

同レベルの対戦なので初戦のカードで
いえばここが一番見所がありますね!

 

オセアニア王者:チームウェリントン

オセアニアのクラブチームはアマチュア選手ばかり
と言われておりレベル差が問題視されています。

1勝出来るかどうかも難しいでしょうね・・・^^;

ニュージーランドと言えばラグビーで有名です。
その選手達がサッカーに転向すればもしかしたらレベルがあがるかも?笑

 

開催国代表:アル・アイン

中東のクラブといえば資金力にものを言わせて
南米の選手をどんどん獲得しているイメージですが
このクラブの所属選手を見てみると
ブラジル出身の選手は1人だけですね。

そして驚くことに日本人の選手が1名在籍しています。

塩谷司選手です。

彼の出場にも期待ですね!

 

 

最後に

なんと今年2018年を最後にクラブワールドカップの毎年開催が消滅するそうです。

今後は4年に1度の開催になるそうです。

正直ヨーロッパクラブにとっては負担になっていた大会であるのは間違いないですよね。

ビッグクラブ以外の試合は観客もガラガラ、
視聴率も悪いということですから。

ですがそれが確定したわけでもなさそう?

ワールドカップ前年に開催される
コンフェデレーションズカップの廃止を
受け、クラブワールドカップは出場クラブ数を
増やし従来通り毎年開催という代替案も出ているそうです。

もともとはトヨタカップという名前で
毎年日本で開催されていましたから
今後もクラブワールドカップも日本開催
でみたいですよね!

来年は無事開催されるかも注目です。

ひとまずは12月13日から開催される
今年のクラブワールドカップを楽しみましょう♪

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク