武豊が受けた不注意騎乗とは?有馬記念には出れる?動画もチェック

こんにちは、こうちゃんです!

5日の香港のハッピーバレー競馬場で行われた
「インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ」
(別名香港国際騎手招待競争)

に日本代表として出場した武豊騎手が
不注意騎乗を受けて処分されたという
ことがわかりました。

この不注意騎乗ってなんなんでしょうか?

よくわからないので調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

不注意騎乗とは何?

過去に起きた不注意騎乗の内容に目を通してみると
他の馬に対して妨害するような行為
といったところでしょうか。

レースなので進路を塞ぐというのは
作戦かもしれませんが
競馬の場合は斜行・押圧等は違反のようです

接触などはさすがに危険だと思うので
こういった行為が不注意騎乗に
該当するのかもしれませんね。

ということは
ムチを入れる際に他の馬に当たってしまう
事も不注意騎乗に該当するのかもしれませんね。

今回始めて知りましたが難しいルールですね。

 

 

不注意騎乗の動画は?

こちらが武豊さんの不注意騎乗があったという動画ですが。

・・・・よくわかりません^^;

そもそも武豊さんはどれなのかもわからないレベル。

素人の私が見たところ特に問題がないように見えますが
やはりこの中に違反があったのでしょうね。

う〜ん。何度見てもわからない・・・笑

競馬ファンの方の声も調べてみましたが

「この程度で不注意騎乗かよ〜」

とありますから何かしら違和感はあったのでしょうね。

 

追記:武豊騎手の違反

追走する他馬の進路を閉めたということです。

調べてみましたがこの場合は降着だと思うのですが
不注意騎乗になるんですね。

引用:http://www.jra.go.jp/judge/

このケースかと思ったのですが・・・。

そもそも動画を見返しても違反が確認できない
のでなんとも言えませんね^^;

詳しい方、コメントで解説お願いします!

 

 

処分の内容と有馬記念の出場は?

今回の不注意騎乗の処分は
今の所わかっているのは出場停止のようです。

期間は26日〜30日の4日間。

香港で受けた処分ですので香港の
レースには出れないのかなと思いましたが
国際ルールとして適用されるみたいですね。

ですが「ルールが違うのに今回の処分が国を跨いで
適用される意味がわからない」という声も・・・。

26日〜30日の間は武豊さんは
レースに出場する事が出来ないという事になります。

有馬記念は12月23日なのでそこは大丈夫ですね。

あまり詳しくない人でも有馬記念は聞いたことあるのではないでしょうか?

中にはもらったボーナスを更に増やそうと鉄板に
賭ける人もいますよね。
この時にみなさんが賭けるのは武豊さんが騎乗
する馬のようです。
(違ってたらすみません^^;)

 

追記

香港での処分は26日〜30日ですが
JRA、日本中央競馬会も4日間停止期間を
定めないといけないとの事。

23日の有馬記念は確実に出場するとは思います。

競馬ファンからは朝日杯の日程を停止期間に
するのではないか?と言われていますね。

ちなみに朝日杯の日程は12月16日

JRAから適用の発表は6日に。
不注意騎乗を受けたらすぐに消化させるというのが普通のようです。

 

追記:停止期間が発表

JRAから武豊騎手の騎乗停止処分を発表されました。

香港での処分と同様の
12月26日〜30日のようです。

これによって28日に予定されている
ホープフルステークス(中央競馬)での
騎乗ができなくなりましたが
有馬記念は問題なさそうです。

 

スポンサードリンク

 

最後に

日本を代表する騎手といえば
武豊さんですよね。

彼が有馬記念に出れないとなると
集客にかなり影響が出そうですよね。

それにしてもニュースサイトなどを
みると「不注意騎乗」としか記載されて
おらず、どこで違反があったのか
とかまったく言及されていないので
よくわかりませんよね^^;

この記事がお役に立てたら嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク