【ウィンブルドン2019】錦織圭の試合の日本開始時間と結果まとめ!

今年も7月1日〜7月13日までイギリス・ロンドンでウィンブルドンが開催されました。
全仏オープンを最後にクレーコートシーズンが終われば前哨戦の1戦を挟んですぐにウィンブルドンが始まります。

テニスファンはもちろんこの時期だけはテニスに注目する人も多いのではないでしょうか?

大阪なおみ選手が残念ながら1回戦で敗退してしまいましたがまだ男子テニスの希望の星、錦織圭選手が頑張ってくれています。

ウィンブルドン2019の錦織選手の試合日程と結果をまとめてみました!

 

スポンサードリンク

 

錦織圭の試合開始時間と結果は?

1回戦:対モンテイロ 113位(ブラジル)

日本時間7月2日19時より開始

第1セット:6-4
第2セット:7(7)-6(3)
第3セット:6-4
セットカウント3-0で錦織の勝利

第2セットはタイブレーク。第1、第3セットは1ブレークのみと緊迫する試合でした。
ですがストレートで勝利という実力・ランキングの差を見せつけましたね。
1セットも落とさずに勝利出来たのは体力温存にもなるので良いスタートです!

2回戦:ノーリー 55位(イギリス)

日本時間7月4日21時より開始

第1セット:6-4
第2セット:6-4
第3セット:6-0
セットカウント3-0で錦織の勝利

第1セットはノーリー選手のプレイの質が高く苦戦するかな?
と思いましたが錦織選手は長くは続かないと考えていたようです。
その予想は的中し、第2セット終了まで1ブレークのみで試合が進みますが第3セットは1ゲームを取られないという1回戦同様ストレートで勝利!

1時間48分と時間もかからず良い意味で錦織選手らしくないこれ以上ない勝ち上がりですw

3回戦:ジョンソン 71位(アメリカ)

日本時間7月6日19時より開始

第1セット:6-4
第2セット:6-3
第3セット:6-2
セットカウント3-0で錦織の勝利

芝と相性の良い強烈なサーブを持つ選手で苦戦を予想しましたが始まってみれば錦織選手がストレートで圧勝でした。錦織選手がこれまでに1セットを奪われずに勝ち上がるのはある意味珍しいですね。7日は折返し日のミドルサンデーでどの選手も試合がありません。肉体的、精神的にもリフレッシュできますね。

これでベスト16に進出、
錦織選手ツアー通算400勝達成!!
着実に勝利を続けていればいつかビッグタイトルにたどり着けるはずです。

4回戦:ククシュキン 58位(カザフスタン)

日本時間7月8日21:30以降開始

第1セット:6-3
第2セット:3-6
第3セット:6-3
第4セット:6-4
セットカウント3-1で錦織の勝利

過去の対戦成績8-0と負けたことのない相手でした。1セットは取られてしまいましたが危なげない勝利でククシュキン戦は通算9-0に。錦織選手はこれまでで1セットしか落としていません。これ以上ない勝ち上がりです。

準々決勝:フェデラー 3位(スイス)

日本時間7月10日、23時以降開始

第1セット:6-4
第2セット:1-6
第3セット:4-6
第4セット:4-6
セットカウント1-3で錦織敗退

スタートから錦織選手は全力でセットを取りにきていました。1セット目は取ることが出来ましたが2セット目以降はフェデラーが調子を上げてきて逆転負け。錦織選手はサーブ以外は特に悪くありませんでしたがフェデラーのプレーが圧倒的でしたね。サーブがウィークポイントなのは正直テニス選手としては死活問題ですがそれでもトップクラスにいる錦織選手は日本人とく贔屓目もなしに凄い事でもっと触れられてもいいんじゃないかと思っています。

フェデラーはじめ、ジョコビッチ、ナダルがいなければ既にメジャータイトルはいくつか取れていそうですが。

 

 

錦織圭の優勝の可能性は?

今大会、初戦から強豪選手が1回戦敗退と波乱が出ています。

全仏2019準優勝のティエム、ズベレフ、チチパスと若手のシード選手が次々と姿を消しています。

ライバルが減って錦織選手には追い風ですがそんなチャンスのときに限って錦織選手も早期敗退という結果になりがちでもあるので今回こそは頑張ってほしいですね。

順当に勝ち上がればフェデラーと準々決勝で対戦することになるトーナメントではありますがそれまで錦織選手が苦手とする相手は特にいないのではという印象。天敵のジョコビッチも決勝まで当たりません。

フェデラーも37歳になりますが圧倒的な人気と芝のサーフェスにマッチしたプレースタイルでかなり不利です。
通算対戦成績も過去に8度で2勝5敗と負け越しています。ですが体力・体調ともに充実している状態なら十分に戦える相手でもあるのでジョコビッチより希望があります。ちなみにジョコビッチとの通算対戦成績は2勝15敗北で現在13連敗中。まさに天敵中の天敵。ジョコビッチも錦織対して良いイメージがあるのか錦織に勝利した後は調子を上げるという傾向があります。(ネットでは錦織クリニックと揶揄される事も・・・)

今回はフェデラーが錦織選手に勝った事で2年ぶりの優勝も?

 

 

ウィンブルドン2019の地上波放送は?

NHKでは錦織選手の勝ち上がり次第で急遽放送が組まれることがありますが基本的に全豪、全仏、全英、全米の4大大会はWOWOWの独占配信になっています。

初月は月額料金が無料なので7月が始まってウィンブルドンも開幕したタイミングに加入がお得ですよ。

月額課金されるのが毎月1日なので月末に加入するとかなり損になってしまいます。

WOWOWの注意点としては契約月に解約をすることが出来ない事、
初月の無料期間だけ視聴して解約をしたいと思うかもしれません初月の無料期間を含め2ヶ月の契約は必須なことです。最低でも2,300円(税込2,484円)が必要です。

なので今契約すると
7月→無料
8月→有料(2,484円)

ということになります。

 

スポンサードリンク

 

最後に

女子では大阪なおみ選手が全米と全豪オープンを優勝して世界ランク1に登り更に注目を浴びている日本テニス界ではありますが次に期待するのはやっぱり錦織選手のビッグタイトルの獲得。

他のテニス選手に比べたら恵まれた体格ではありませんが怪我を減らせばチャンスはやってくるはず。今度こそ期待したいです。日本でも比較的見やすい時間帯で試合が行われているので是非とも観戦しましょう!

 

スポンサードリンク