皿倉山イルミネーション2018の開催期間と点灯時間は?見どころも!

こんにちは!こうちゃんです!

毎朝のことですが、だんだんと布団を出るのが辛くなってきました・・・。

日中はポカポカと暖かいんですが、
早朝の寒さはこたえますね~。

みなさんは冬物の準備はお済みですか?

そろそろ厚手のコートなんかもクリーニングに出しておかなくては・・・!

毎年急に気温が下がって慌てるんですよね~。

早く準備しておけばよかったと後悔するんです(笑)

今年こそはそんなことがないように早めの準備で冬を迎えたいと思います!

さて今回ご紹介するのはそんな冬の恒例イベントになっていますよね♪

北九州のイルミネーションについてです!

皿倉山で毎年開催されるそうなので情報を集めてみました☆

 

スポンサードリンク

 

開催期間と点灯時間

皿倉山といったら夜景のスポットとして知られていますよね!

日本三大夜景のうちの一つである皿倉山は
「100億ドルの夜景」とも呼ばれ、そのスケールは九州ではナンバーワンといえるでしょう☆

最近はその人気から外国人観光客の数も増えているそうですよ♪
週末ともなると大勢の人が山頂の展望台まで押し寄せます!

そんな皿倉山でイルミネーションが行われるということで、

その詳細を調べてみました♪

 

 

今年の期間や点灯時間は公式な発表がされていないようです・・・。

なので昨年のスケジュールから予想してみましょう!

 

■開催期間

2017年11月18日~2018年1月12日

■点灯時間

17:00~22:00

■点灯場所

皿倉山北側斜面9合目付近

※毎年8月に「八文字焼」が実施される場所と同じです!

期間や点灯時間帯は結構長いですね!

見る側にとっては嬉しいかぎり♪

 

 

見どころは?

皿倉山のイルミネーションについて口コミなどを調べてみたのですが、

正直なところ規模が小さくて残念・・・的な感じでした!

 

https://twitter.com/HirorinYoku2/status/1004417129452486656

 

昨年の点灯内容は「九州 LOVE(♡)」。

30分毎にハートが点滅したそうですよ♪

災害の多かった九州の復興・再生の意味が込められているそうです!

夜景とイルミネーションセットで楽しんではいかがでしょう☆

 

 

 

施設紹介

レストラン

展望台まで行くと、皿倉山展望台レストラン「Cafe’マウンテン」があります!

1000円いかないくらいの金額で軽食やカフェメニューが楽しめます♪

門司港名物焼きカレーも味わえますよ!

何より嬉しいのはレストランから夜景が見えること!

窓際のいい席は取り合いでしょうね~☆

■営業時間

平日 10:30~17:00(OS16:30)

土日祝日 10:30~21:00(OS20:30)

※不定休

 

展望台

1Fコミュニティールーム/2Fパノラマ展望室/3F展望テラス

となっており、2Fの展望室では室内から夜景が楽しめます♪

お子さんやお年寄りがいると助かりますよね☆

 

https://twitter.com/Tepplestar1978/status/978549628088991744

 

 

アクセス

北九州市八幡東区大字尾倉1481-1

 

車でお越しの場合

北九州都市高速道路「大谷出入口」から約5分程度

 

■帆柱公園「立体駐車場」

収容台数 178台

料金 2時間以内 100円

    4時間以内 200円

    4時間以上 300円

 

公共交通機関でお越しの場合

JR「八幡駅前」から無料のシャトルバスが出ています♪

※北九州市内15名以上の予約で無料送迎バスが利用できるそうですよ!

 

ケーブルカー・スロープカー

展望台まではケーブルカーとスロープカーを乗り継いで行きます。

車では行けませんので注意してください!

■両方往復券(片道約10分)

大人1200円 / 子供600円(小学生以下)

■ケーブルカー

往復券・・・大人800円 / 子供400円

片道券・・・大人420円 / 子供210円

■スロープカー

往復券・・・大人400円 / 子供200円

片道券・・・大人200円 / 子供100円

 

運行は20分から30分ごとにしているようです!

時間には余裕を持って行きましょうね♪

 

スポンサードリンク

 

最後に

今回は皿倉山のイルミネーションについてご紹介しました!

いかがでしたでしょうか?

正直イルミネーションだけというより、夜景とセットで楽しむ方が多いでしょうね。

展望テラスは寒いので防寒具をしっかりご用意くださいね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク